2005年10月28日

軍艦島保存活用技術検討委員会(第4回)

17.10.28-2.jpg


17.10.28-1.jpg
長崎新聞10/28朝刊より
関連記事  読売新聞


10月25日に東京電機大学名誉教授の「阿久井教授」が軍艦島を世界遺産にする会の
事務所にこられた。端島(軍艦島)の保存活用委員会の参考人として長崎市から
招かれたとのこと。現状の軍艦島の話や今後のことなどを事務所でお話した後
長崎市の会合に行かれた。
会合では「学術的研究だけではなく、社会教育の場としても良いのではないか」などの
提言がなされた。今のところ具体的なことは公表されていないが
今後の検討委員会の具体的な構想を見守りながらも会としての姿勢を新たにしていきたいと思う。
posted by dyg at 08:58| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。