2005年08月24日

軍艦島・・報道関係上陸

rupo5.jpg読売新聞8/22朝刊rupo4.jpg  長崎新聞8/22朝刊

rupo3.jpg朝日新聞8/22朝刊rupo2.jpg  長崎新聞8/22朝刊

rupo1.jpg  西日本新聞8/22朝刊

8月21日の報道関係の軍艦島上陸に関して

昨日から本日までTV、新聞などで軍艦島上陸レポートが出ました。
島の荒れ果てた様子や31年の月日がここまでも無残に崩壊をしている現状を
報告されていました。
近代化遺産としての注目されていることは確かであるが
今後のこの島をいかに保存できるのかの問題提起があまりにも少なすぎるような気がします。
島のハード的な部分は確かに修復には莫大な資金が必要であることも確かである。
近代化遺産であるこの島をなぜ保存しなければならないのかの問いかけには
誰も答えようとはしていない。ほおって置けばいつかは滅び崩壊するだろう。しかい今こそ伝えるための手立てが必要な時代に来ていると思われてしかたない。
なぜこのような島ができたのか。この島が果たした役目は。こ島の歴史的な暗部も含めて
我々は伝承していく必要があると考える。
荒廃を食い止める方法があるとすれば我々の過去への真摯な感謝と未来へ向けての人々の知恵であろうと思うのである。
調査においても市のレベルから県、国、世界レベルでの保存を前提とした調査を望みたい。


posted by dyg at 13:58| 長崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も行きたかったです。
Posted by イチ at 2005年08月24日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6193569

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。