2005年06月20日

九州産炭地フォーラム

九州産炭地フォーラム開催
for.jpg

平成17年7月12日(火)18:00〜20:30
主催:NPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ
後援:大牟田市、大牟田市教育委員会、大牟田石炭産業科学館
場所:大牟田商工会議所大ホール  入場無料
基調講演:「三池炭鉱の産業遺産の価値」
      スチュアート・スミス氏     (TICCIH事務局長、元アイアンブリッジ峡谷博物館長)
パネルディスカッション
     「産業遺産を活用し記憶を再生するために、今、すべきこと」(仮)

パネリスト:
     加藤 康子氏(都市経済研究家)
     坂本 道徳 (NPO法人軍艦島を世界遺産にする会 理事長)
     村上 博士氏(たがわ・プロジェクト10会長)
     大石 道義氏(西日本短期大学造園科助教授)
     永吉 守 氏(NPO法人大牟田・荒尾炭鉱の町ファンクラブ
            久留米高専非常勤講師)
お問合せ先:NPO法人大牟田・荒尾炭鉱の町ファンクラブ
      TEL 0944-52-7026
      HP:http://www.omuta-arao.net/
e-mail :info-c@omuta-arao.net

posted by dyg at 15:05| 長崎 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぜひ、詳細な事後レポートをお願いします。
私も参加したいのですが、できません。
Posted by 鉢田押蔵 at 2005年06月23日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4484531

この記事へのトラックバック

九州産炭地フォーラム
Excerpt:  大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブでは、愛知万博にあわせて名古屋で開催されるTICCIH(国際産業遺産保存委員会)中間
Weblog: 大牟田からのつぶやき
Tracked: 2005-06-25 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。