2012年05月01日

いまのニッポンどこから始まったのですか?

kyuyama.jpg

軍艦島を含む九州・山口の近代化産業遺産群の世界遺産へ向けてのパンフレットの抜粋です。またこの世界遺産のコーディネーター加藤康子さんのコメントでもあります。
今回開催された、九州伝承遺産ネットワークでの加藤さんのコメントでもあります。
産業遺産における主役はその時代の英雄達だけが主役ではない。そこを支え続けた名も無き人々の血と汗が今の「日本」を形成していった。
「いまのニッポン
 どこから
 始まったのですか?」とてもすばらしいタイトルです。


九大名誉教授の森 祐行先生がそのコメント集約していただきました。


「いまのニッポン
 どこから
 始まったのですか?」

「歴史を生かそう
 明日の歩みへ」

報告の中には産業遺産の核心を突く言葉が沢山ありますね。
それらの言葉を繋いでいくと、上記二つのキャッチコピーがつながるよ
うな気がします。
加藤さんのパワーポイントに書かれ言葉を拾い出して、私の感覚で列挙
してみました。

「モノづくりの心と志: 産業革命発祥の地、大英帝国を目指す」
「匠の技から産業システムへ」

「産業の現場でこの国を支えてきたひとびと」
「英雄の逸話 歴史は彼らだけのものではない」
「軍艦島 記憶の彼方の街 1868 to now」

「工業化のストーリーを語るのは、時代と共に進化し生きている資産」
「日本の近代化を支えた重工業 末来へ向けて現役稼動中」
「長崎の三菱(小菅、グラバー、造船所) 廃墟から現役まで」
「三池港 100年前、團琢磨が描いた夢が今も息づいている」

「価値をまもるのは誰か?」
「市民や企業の営みの上に世界遺産はある」
「国の宝を誇りに思う心」

日本の歩みの「来し方、行く末」が分かるようなドラマを創らねばなら
ないようですね。
posted by dyg at 12:55| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267946928

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。