2005年03月17日

軍艦島のボタ山

bota.jpg


軍艦島のボタ山・・・右の建物は31号棟

東側の炭鉱施設からトンネルで突っ切って31号棟アパートを貫き
アパートの2階の窓からベルトコンベアーで排出されるボタ
海底炭鉱であれボタ山は存在した。
このズリが後にメガネ(ゴミ捨て場)や学校海岸まで流れ
干潮時には渡れるほどの砂浜(ズリ浜)になり遊び場としても使っていた。
posted by dyg at 10:43| 長崎 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ズリ浜は閉山後、いつ頃まで残っていたので
しょうか。今はもう無くなっているようですが、
閉山二十年後のNHKのドキュメンタリー番組
では、上空からズリ浜が確認できたと思います。
この十年で無くなったのだろうか。
Posted by 鉢田押蔵 at 2005年03月17日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。