2011年08月09日

自然の猛威

台風9号は日本の遥かかなたを北上しただけであった。
日本に多少の被害があったが、直撃ではなかったはず。
しかし・・・・・
軍艦島の被害はなんともいえないものであった。
上陸観光にてお客様が歩く遊歩道が3分の1のフェンスが木っ端微塵に波で倒されていた。
今まで見たことのない光景に固唾を呑んでしまった。
もし直撃していたならばこれだけの被害ではないはず。
まるで3月11日の大震災のあとを見るような光景であった。
8月9日、くしくも長崎原爆の日である。
原爆が落ちても、台風が来ても、資源がなくなっても、戦争が終わった後でも
見られる人類の終末期を見たような気がする。
我々は自然の前では無力なのだろうか?
この島の行く末を考えたとき。。。不覚にも涙が出てしまった。
2011-08-09 12.25.27.jpg

2011-08-09 12.24.06.jpg

posted by dyg at 20:38| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。