2005年02月19日

夜の軍艦島

akari.jpg 

不夜城と呼ぶのがふさわしいくらいに、夜の島からは灯が消えることはなかった。二四時間操業だから炭鉱施設は休むこともなく働き続ける。
そこに働く人と送り出す家の灯があった。
派手さはないが裸電球は温もりのある灯である。
この一つひとつに家庭があり家族がいるのだった。
島から出かけて夜に帰ってくると、島のあちらこちらから漏れる灯に、ほっとするような安心感があって、船が桟橋に近づくにつれて、こんどは人々の声が漏れ聞こえてくるような気がしていた。
 当時、高島から夜の端島を見たことはあったが、住宅がある西側正面からの島全体は、船上からでしか見ることはできなかったために、私はその位置から一度も夜の島を見ることはできなかった。さぞ明るく活気に満ちて、一軒一軒の窓の灯から話し声までが聞こえてくるほどであったろうと想像できるのである。
野母崎方面から見る島とは、まったく違う表情を見せていたことだろう。
 現在は閉山後に立てられた灯台の明かりがあるだけである。夜になれば灯台の明かりだけで島の姿は夜の闇に消えている。当時は灯台の役目までしていたこの島の灯が、すべて消えて三〇年近く経ってしまったが、ここをライトアップしようという計画があったらしい。しかし私たちが求めている灯は、ライトアップの、見せるためだけの灯ではなく、家族や家庭がともすほのかな裸電球のやさしい灯である。しかし、それを求めることはもう無理なことである。あの灯を取り戻すことができなくとも、われわれの心の中には、あの島の灯は思い出として残っている。灯が消えても、この島が果たしてきた日本近代化への役割や、多くの人たちが暮らしていた歴史の一ページは、社会から消さないでほしいと願うのである。  
posted by dyg at 09:48| 長崎 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
この写真は夜の端島の写真の中でも、
特に灯りが美しく写っている写真ですね。
学校にも灯りがかなり点いているのを見ると、
まだそんなに遅くない時間でしょうか。
昭和という時代の食卓の音が、
聞こえてくるようです。
Trackbackさせて頂きました。

「お気に入りリンク」にある
長崎チャンポンのお店<Monks's Table>は、
次回訪崎の際に寄らせてもらおうと思っています。


Posted by Kurosawa at 2005年02月19日 14:28
こんばんは。ねこです。
こちらのブログへのご返信、ありがとうございました。

今日の写真、泣けてきます。なぜなのでしょう?
なぜ、直接関係のない私が??

軍艦島に住まわれていた方の発信、これからもお訪ねしますので、どうぞ長く続けてくださいね。
今後ともよろしくおねがいします。

 ねこ拝
Posted by ねこ at 2005年02月19日 21:11
ta_akです。
ブログへのコメントありがとうございました。

『昔の軍艦島(端島)の夜は不夜城のようでしたよ。』

この写真を見るとまるで自分が住んでたかのように想像してしまいます。
なんというか懐かしい感じがしてきて
自分でも良く分からないんですが…

また、寄らせて貰いたいと思います。
Posted by ta_ak at 2005年02月24日 05:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

軍艦島せんべい
Excerpt:     長崎へ行った時に、軍艦島クルーズとかで大変お世話になっている美津丸さんが、 実は『軍艦島せんべい』というお菓子も、造っています。 美津丸さんからお話を頂いて、このお菓子のなかに同封する、 しを..
Weblog: 廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-
Tracked: 2005-02-19 14:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。