2006年01月05日

軍艦島写真展の案内

                                              軍艦島保存にむけて・・
          軍艦島写真展&資料展 常設のご案内

新年あけましておめでとうございます
軍艦島を世界遺産にする会も設立から4年を経過し
皆様のご支援のおかげでさまざまな活動が順調に進行してまいりました。
昨年は長崎市においても「軍艦島保存活用技術検討委員会」の報告書が提出されました。この答申を受けて更なる保存活用に向けた指針が出されることを期待し、私どもも今後の活動において「軍艦島の保存意義」を周知していただくために今年最初の取り組みとして下記により軍艦島再発見となるような端島(軍艦島)の閉山前や今の姿などをアマチュアカメラマン及び元住民の方が撮影した写真で「軍艦島保存にむけて・・」として写真展および資料展を常設開催いたします。
展示する写真は閉山前の写真や閉山後の写真など4年間で集まった約300枚。また活動の中で収集した過去の資料や写真集、映像を見ていただきたいと思います。
 閉山直前の写真は、炭鉱マンがふろに入る姿など人々の暮らしの息遣いが聞こえてくるような作品があります。崩壊が進む様子を見比べることができ、時の流れが良くわかります。  
地元長崎の人に昔と今の端島を知ってもらうことで、世界遺産の運動及び産業遺産に興味を持っていただく契機になればと思います。
今後ともご支援のよろしくお願いします。


尚、今回、軍艦島の模型(1/250)    の展示


(1/2000)も展示いたします


                  記

・日 時    平成18年1月7日(土)から常設展示とします
         日祭日においては電話で確認下さい。
         入館無料  開館時間 9:00〜17:00

・場 所    軍艦島を世界遺産にする会 事務局
          〒851−2128
          長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷456−11下田ビル2F
                   
・主 催    NPO法人 軍艦島を世界遺産にする会
         851−2128
              長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷456−11 下田ビル2F
                   TEL/FAX 095−883−8811
                          代表者 坂本道徳
posted by dyg at 22:18| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。